高騰中の仮想通貨TRON(トロン) 投資価値と購入方法 アルトコインの買い方とリスク 草コイン投資方法

TRONに投資すべきか否か見極め方法→https://valuclouds.net/l/u/F7tdRn8t9PI

初心者でも仮想通貨で稼げる方法をLINE限定公開中↓
https://line.me/R/ti/p/%40bry1886j

↑ぜひ両方受け取ってください!

▼今注目の仮想通貨TRONがよくわかる動画BEST3
仮想通貨TRON★爆上げ12月33倍!?★2018年も注目のTRON[TRX](トロン)の解説と将来性!
https://youtu.be/QLNrmvoeykU

【将来性のある通貨】TRX(トロン)を徹底解説!!
https://youtu.be/sBJyXCQmL7Y

草コインで目指せ一攫千金! TRON(TRX)

今注目の仮想通貨TRONとは その特徴と投資価値

TRONは、2017年8月にICOによって生まれた中国発の通貨で、通貨単位はTRXを使います。
2018年1月現在、その時価総額は1.94兆円となっています。
中国の仮想通貨取引所「BINANCE」にてICOを行い、わずか1分で終了してしまったほど当時注目を集めた人気銘柄です。
2018年1月3日に急騰し、1TRXあたり、11円から29円にまで上昇しています。
そして現在、時価総額で仮想通貨全体の第6位につけています。
TRONが注目される理由は何なのでしょうか?
その特徴と投資価値を見ていきましょう。

TRONの特徴

TRONは分散型ストレージを使い、無料エンターテイメントシステムの構築を目的とした仮想通貨です。
現在有名なYouTube等の動画サービスは、ウェブサイト上のファイルストレージに動画ファイルを保存し、ストリーミングという技術で随時ダウンロードし閲覧します。
これに対し、TRONは、単純なウェブストレージではなく、ブロックチェーン上に動画等のメディアを保存し、ユーザーに届けるという形をとっています。
これにより、発信者に月額会費等の費用の負担がなくなり、誰でも気軽に情報発信できるシステムの構築を目指しています。

同じようなエンタメ系の通貨としてはエイダコインがありますね。
エイダコインはオンラインカジノのプラットフォームで使われる通貨です。

ブロックチェーンを使用することで、不特定多数のコンピュータ上で分散処理がなされるということもあり
何かトラブルがあったときのサーバーダウン等が起きにくく、さらにもし起きたとしてもすぐに復旧できるというメリットがあります。
動画等のエンタメコンテンツはどうしてもファイルサイズが大きくなりがちですし、それによりサーバーにかかる負荷も大きくなりますから
まさにブロックチェーンの利点を活かしたサービスといえます。

TRONのロードマップ

TRONはその長期計画を既にロードマップとして公開しています。
6段階でアップデートを行っていく予定で、ピーツーピーや分散型コンテンツを利用したエンタメファイルのアップロード・保存・配布の仕組みを確立するところから
最終的にはオンラインゲームのプラットフォームの構築までを視野に入れています。
段階の名前は
エクソダス→オデッセイ→グレートボヤージュ→アポロ→スタートレック→エタニティ
と、徒歩による旅から最終的に宇宙旅行に行くまでの過程をネーミングに採用しており、わくわくしますね。

TRONを購入できる取引所

残念ながら、TRONはまだ日本の取引所では購入することができません。
海外で取扱がある取引所はバイナンスが日本語対応で最も使いやすいです。
海外の取引所に登録することで、日本からもビットコイン立てでTRONを入手することができます。

そのためには日本の取引所アカウントの開設も行っておく必要がありますので
日本の取引所のアカウントも開設もわすれないようにしてくださいね。

今回は急騰中のTRONについて解説しました。
今後の仮想通貨ライフの参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする