仮想通貨 ブロックチェーンとは? 仕組み 技術 最前線情報 ビットコイン リップル ネム 池上彰よりわかりやすく解説

一般人が仮想通貨で稼ぐ手法を期間限定公開 →https://line.me/R/ti/p/%40bry1886j
誰も知らない仮想通貨の稼ぎ方情報↓
https://valuclouds.net/l/u/dCXrGwL2xg

ぜひ両方受け取ってください↑

▼ブロックチェーン関連動画BEST3
mijin / NEMのブロックチェーンコアエンジン2.0『Catapult(カタパルト)』のご紹介

ICO 投資 – Cube ブロックチェーンに基づく自動運転車セキュリティ・プ ラットフォーム I COcomsa 買えない

ビットコイナー反省会 Ep.21 ブロックチェーンの問題とその先の世界 with ビヨンドブロックチェーン 斉藤賢爾さん

ビットコイン関連でよく目にするこのブロックチェーンという言葉。
これはビットコインを安心して利用するためにも
理解しておくべき内容です。

ブロックチェーンというのは、ビットコインの取引を
確実に行うためのシステムで
すべてのウォレットの履歴の整合性をチェックする仕組みのことを言います。

その仕組は文字通り、
複数のブロックをチェーンで結んだような形式をしています。
ひとつひとつの取引のことをトランザクションと呼び、
このトランザクションをひとまとめにしたものをブロック。
このブロックが連なる形で保存されたものを
ブロックチェーンと呼びます。
ブロックチェーンは銀行でいうところでの台帳の役割をします。

銀行の取引では台帳は銀行に保存され
その整合性チェックなどの役割は銀行にのみあるのが特徴ですが
ビットコイン等の仮想通貨の取引台帳は
利用者それぞれに分散して保存されています。
その整合性チェックを、ブロックチェーンのシステムが行うことで
取引の健全性を担保する仕組みになっています。
この整合性チェックは10分ごとに行われることが特徴です。
そのため、リアルタイムでの処理ではないというのが
一点のデメリットとして上げられるかもしれません。

取引ひとつひとつがハッシュ値という形で
暗号化されて保存されており、
ひとつひとつの取引を誰でも参照できることが
ブロックチェーンの特徴です。
しかしながら、個人情報が公開されることはないので
あくまでプライバシーは担保されています。

少しむずかしい仕組みですが、
このブロックチェーンの仕組みがあるからこそ
仕組み上、利用者同士が相互に監視し合う形になっているため、
ビットコイン取引で不正が行われることは絶対にないといえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする