コールドウォレットとホットウォレット|安全な管理方法とは?

仮想通貨は販売所に預けっぱなしという人も
多いと思います。

もちろん、それも可能ではありますが、
記憶に新しいコインチェックのネム流出事件のように
ハッキングにより大事な資産を盗まれる
可能性もあります。

正しい管理方法で大切な資産を守ることが
何より重要となってきます。

ウォレットとは
そのままの意味で財布のことです。
仮想通貨の場合はデジタルの財布で
管理していくことになります。

ウォレットには、

・ホットウォレット
・コールドウォレット

大きく分けると2つのウォレットがあります。

ホットウォレット
常にインターネットに接続されたウォレット
メリット・・・送金や受け取り、残高・履歴確認などが素早く行える
デメリット・・・常にネットに繋がっているのでハッキング等のリスクあり

コールドウォレット
インターネットに接続されていないウォレット
メリット・・・インターネットに接続されていないので安全性は高い
デメリット・・・ネットに繋がっていないので送金他、手間がかかる。

それぞれにメリット・デメリットがあります。

コインチェックのNEM流出は
ホットウォレットで管理していた事から起きた
事件でした。

おすすめは
コールドウォレット

その中でもハードウォレットと呼ばれるもので
専用のデバイスを使用するウォレットです。

【日本正規品】Ledger Nano S (レジャー ナノS)仮想通貨ハードウェアウォレット

使用する際にUSBやBluetoothでPCに繋いで
インターネット接続します。
外しておけばネット接続とならないので
コールドウォレットとなります。