ビットコイン 購入 スッキリ!! 今話題!bitcoin(仮想通貨 )って何? 2017年5月25日

メルマガアフィリの高額塾を超えた!『メルマガアフィリエイトの教科書のメルザップ(MAILZAP)』→http://lovelogic.site/lp/78q0

ビットコイン 購入 スッキリ!! 今話題!bitcoin(仮想通貨 )って何?

【仮想通貨とは?】怪しい?危険?…をスッキリ解説!ランキングや人気コインの種類は?「暗号通貨ガイド」
 
ニュースやネット上でたびたび話題になっている「仮想通貨」をご存知でしょうか?
仮想通貨は新しい決済方法として注目されていますが、実は日本でも本格的な普及に向けて少しずつ準備が進んでいるんです。
仮想通貨での決済が当たり前になる、誰もが仮想通貨を使うという世の中が当たり前になるかもしれない今日この頃…。

「仮想通貨とは何ぞや?」という方のために、今回はできるだけわかりやすく仮想通貨について解説をしていきたいと思います!(^^)/
世界中にいろいろな種類がある仮想通貨ですが、おもな仮想通貨の種類などもご紹介していきます♪

仮想通貨が世界を変える!?

仮想通貨とは…?
通貨といえば、お金のこと。
今回ご紹介する「仮想通貨」というのは、実際に目には見えない・手にとることはできないけれど、確かに存在しているお金のことをいいます。
正式には「暗号通貨(Crypto Currency)」と呼ばれ、インターネットなど目に見えないところでサービスの対価をして使うことができるお金です。

わかりやすく言えば、ゲームアプリのなかで使える「●●コイン」や「●●G」といったお金も、仮想通貨の一種です。
チャージしたりクレジットカードで支払いをする手続きをして、ゲームの中の通貨としてチャージされてから利用します。
一般的な通貨(お金)というと、日本をはじめ世界では国が発行するなど公的なものですよね。

でも、仮想通貨にはそれがありません。
そのかわり「取引所」というところを通じて、実際の通貨と交換することができるようになります。

電子マネーとの違い

インターネットなどで使えるお金…これって、電子マネーと同じじゃないの?と思いますよね。
でも、仮想通貨と電子マネーは別物です。

電子マネーは交通系のものや企業が発行しているもの、さまざまなものがありますよね。
これらはすべてその企業やグループに使えるというもので、発行しているところがハッキリしています。
たとえば、全国のイオンなどさまざまなところで使える「WAON(ワオン)」なら、発行元はイオンとイオン銀行になります。
一方の仮想通貨はどうでしょうか?
世界的にもっともポピュラーだと言える「ビットコイン」の場合、WAONのように発行元はありません。
電子マネーは現金を支払ってカードに入れる、いわゆるチャージを行います。
電子マネーはチャージするためのお金がないと使うことができない、つまりお金(通貨)があるからこそネットワーク上で電子マネーを使うことができるようになります。

ビットコインの場合は、お金(通貨)がなくても大丈夫。
電子マネーのようにチャージして使う…というわけではなく、ビットコイン(仮想通貨)自体がお金なのでそのまま利用することができます。
ビットコインは目には見えませんが、ネットワークのなかで作り出されたお金です。

先ほども言いましたが、電子マネーや銀行が管理する通貨(実際のお金)のようにビットコインには「管理している人」がいません。
たくさんのコンピューターによるネットワークを利用して、世界中のビットコインが管理されているんです!
ビットコインが新しく作られるとき、取引がされたときなど、ビットコインに関するさまざまな情報がまとめて記録されていきます。
この記録があることで、ビットコインは誰が管理しているわけではないけれど、不正や偽造を防いでいるんです。

ビットコインについて

先ほど、「ビットコイン」という言葉が出てきました。
このビットコインは、2009年から運用がスタートされた仮想通貨のこと。
より安全性を高めた「暗号通貨」として登場しました(^^)/
ビットコインは「ナカモトサトシ」の名の下、9ページの論文が投稿されたことがきっかけとなっています。→論文「ビットコイン:ピア・ツー・ピア電子キャッシュシステム|Satoshi Nakamoto(PDF)」
ん?日本人と思ってしまいますが、このナカモトサトシ氏についてはナゾが多く、実在するのか?複数人なのか?…といった憶測が飛び交っています。

「Satoshi」がビットコインの最小単位
ナカモトサトシ氏が開発者という由来で「Satoshi」がビットコインの最小単位となっています。
「1Satoshi=0.00000001BTC」となります。

ところで暗号通貨って?
暗号通貨というのは、より安全に取引をすることができるよう暗号理論(暗号)が使われている仮想通貨のことをいいます。
銀行のシステムや電子マネーって、先ほども言いましたが管理者がいるため集約化されていますよね。

でも、暗号通貨の場合はどんな人でも利用でき、どんな人でも内容をチェックすることができます。
世界中に分散化されているため、銀行や電子マネーとはまったく違った仕組みになっていることがわかります。
この、分散化された暗号通貨の第1号が「ビットコイン」なんです!

多くの方は仮想通貨と言われたら、まず最初にこのビットコインが出てくるはず。
円やドルのように、両替(交換)しなくてはならない通貨とは違って、ビットコインはそのままで世界中の誰とでも利用することができる「通貨」です。
↓ビットコインについてもっと詳しく↓


3分で分かる!仮想通貨「ビットコイン」とは?相場や仕組みって?取引所や利用方法など分かりやすく解説!
↓ビットコインの要「ブロックチェーン」とは?↓


ブロックチェーンの仕組みとは?仮想通貨・ビットコインに欠かせない技術をわかりやすく解説!

仮想通貨はどうやって増えるの?
日本では、お金が発行されるのは日銀(日本銀行)によるものですよね。

では、銀行など発行者をもたない仮想通貨は、いったいどうやってお金が増えるのでしょうか?

ビットコインを例に見てみましょう。
まずビットコインの場合、取引が行われるとネットワークにその情報が保管されます。
取引の詳しい内容など、ビットコインに関するさまざまな情報がネットワークのなかに書き留められるのですが、世界中の人たちがビットコインを使うとその情報量は膨大になることがわかりますよね。
たくさんの情報は世界中のネットワークに保存されるのですが、これは取引をしたデータやこれまでのビットコインのデータと照らし合わせて、間違いがないかどうかを記録することが目的です。

ただ、ビットコインに関する情報の答え合わせをしようと思ったら、とんでもない情報量になってしまいます…。
そこで、不正や間違いがないかどうかを調べるためにコンピューターの計算能力を借りてチェックし、みんなでビットコインの情報を共有しよう…というのが、発行者のいないビットコインの整合性を図る方法なんです。
このあまりにも膨大な情報をチェックするためには、お手伝いをしてくれる人が必要です。
ゲームをしたり雑誌を読んだり、そういった自分の時間を割いてビットコインの情報をまとめる作業をしてくれる人たちがたくさんいます。
この人たちに「報酬」として渡されるのが、新規に発行されるビットコインなんです。

こうした方法で新しくビットコインが発行されることを「採掘(マイニング)」と呼びます。
ビットコインを稼ぐために日夜マイニングをしている人たちがたくさんいて、ビットコインはどんどん生み出されているというわけなんです。

ただ、ビットコインは有限です。
…とはいえ、現在決められている上限の2,100万コインのうち1,200万枚がすでに採掘(マイニング)済みだと言われています。
ちょっと難しいですが、ビットコインは世界中の人たちによって管理され、管理してくれる人に対して新たなコインを発行してお礼として渡される…ということです。

怪しいイメージがある…?

おそらく多くの方は、ビットコインや仮想通貨に対して「なんだか怪しい…危険なニオイがする…」と感じられているかもしれません。
ビットコイン自体は世界から注目される素晴らしい技術の結晶なんですが…

仮想通貨が怪しいと思われる理由
* ビットコインが闇サイトが悪用される
* マネーロンダリングなどに使われる
* 取引所の破綻やハッキングなど
* 詐欺まがいのコインが出回る

以前は、ビットコインを闇サイトが悪用されたり、マネーロンダリングなどに使われたりと…マイナスイメージを伴う環境が続きます…。

また、2014年には当時日本で最大の取引所だった「マウントゴックス」がマルク・カルプレス元社長の横領を契機に破綻…。
その他にもハッキング被害、詐欺まがいのコインを使った勧誘などビットコインをはじめとする仮想通貨の印象が悪くなるニュースがあるのも事実…(^^;)

そういったことも重なり、また、実体が見えないモノということもあってか、あまり良いイメージを持たれる方が少ないのかなと思います。

ただ、実際はビットコインやアルトコインは世界中からドンドン注目されている通貨ですし、使い方次第ではスゴく有用性があるものだと感じています。
引用元:http://setsuyaku-hukugyou.net/13076/

関連動画
池上彰さん 仮想通貨(ビットコイン)
https://www.youtube.com/watch?v=MACC_Q43Oio

【与沢の見解】ビットコインその他仮想通貨について思うこと

NHK《密着 ビットコイン最前線》

ホリエモンのQ&A vol.246〜ビットコインに乗り遅れるな!!〜

池上彰さん 暗号通貨(Bitcoin→ONECOIN)
https://www.youtube.com/watch?v=CvNzOfT6Q7U

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする