雲下のビットコイン|コインベース、ファンド打ち切り

Invest DivaのKiana DanialがNewsBTCより仮想通貨の最新情報をお伝えします。今日もここ数日間の仮想通貨市場の動きを振り返ってみましょう。木曜日に急落したビットコインは、この数日間毎日1%ずつ価格を回復しています。しかし対米国ドルの価格は一目均衡表の雲の下にとどまり、6,000ドルのレベルで支えられています。今後の雲の形は弱気相場を表しており、この先ビットコインがさらに値下がりする可能性もあるでしょう。業界ではサンフランシスコを拠点とする取引所コインベースが、人気の低さを理由に所有するインデックスファンドを打ち切ることを認めました。その一方で木曜日、新しい仮想通貨ゼロエックス(0x|ZRX)がコインベースで取引開始となりました。コインベースは現在ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコインなどを扱っています。その間、マルタ拠点のバイナンスがバイトコイン(BCN)、チャットコイン(CHAT)、イコノミ(ICN)、トリガー(TRIG)の取り扱いを中止することを決定しました。これらのコインおよびトークンは、11月12日まで引き出せるとのことです。今週の仮想通貨市場はさらに大きな動きを見せるかもしれませんので、投資は計画的に自己責任で行いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする