Bitcoin SV PCウオレット Atomic

最近ブロガー始めました
Bitcoin SV情報
https://bitcoinsvp2p.blogspot.com/2019/05/bitcoin-sv.html

Bitcoin SV の PCウオレットはAtomic、ElectrumSV、HODLER walletがあります。
現在はElectrumSVに保存してます。

ElectrumSVは、Electrum Bitcoin wallet(BitcoinとDashのウォレット)
とBCHのElectron Cashの財布を組み合わせたハイブリットのBSV専用で
DOS攻撃によって5億円の被害が出ているElectrum(BitcoinとDash)
とは別で、脆弱性を修正済のようです。ElectrumSVで被害が出たという
情報はヒットしませんので。使わないPCにインストール保管後に
電源を切っておけば冷蔵保管になるので安全です。スマホの場合は
同様にしてSimply Cashで機内モードに設定しておくという方法もあるようです。

BSVのデリストをよくよく調べてみると、もう一段落して
織込み済になりさして影響はないような気がします。
バイナンスCEOのBSVデリストの基準も根拠が決めつけなだけなので
もうバイナンスでは取引するのをやめるつもりです。
バイナンスは取引量世界1位ではなくなっていて、11位に過ぎず
他のクラーケン以下の取引所はボリュームが少ない為に大きな
影響はないですね。バイナンスが若干痛かった程度でバイナンスより
ボリュームの大きい取引所は複数ありますから。BSV専門のFloat SV他も増えてますし。
1月には確かBSV扱ってる取引所数は50程度しかなくボリュームも低かった事
を考えると現在120箇所超えてますから。

今日ブラウズして読んだ情報では
クレイグ・ライトの祖父は実際にラジオの発明者であるマルコーニのもとで研究し、
第二次世界大戦中に登場人物であったという事らしいです。やっぱり発明家の血筋なんですね。

今調べてるのは夏にローンチするAppleカードの事で
たぶんZEUXにリンクしてBSVが使用できると思う。
幸いにもBSVはZEUXがサポートしていてアップルペイに
対応しているので、夏頃からニューヨークの地下鉄で
大々的に使用されるそうなので、そうなると、現時点で
アップルペイに対応していて処理能力も上がっていく
条件を持ってるBSVは強いです。モバイル決済[Zeux]は
Bitcoin・BitcoinSV・Qtum・IOTA・NEOをサポートしていて
元々コインギークと深い繋がりがあるようです。

ZEUXさっきインストールしました。招待コード待ってる状態です。
日本で説明してるサイトはまだない状態です。


スターバックス仮想通貨払いはもう実現してますね。
BTCで30秒みたいだけど広まるとBTCは詰まってくると思う。

もう一つBitcoin SVの良いニュースは
ブロックチェーンバトルゲーム「Crypto Fights」の評判が良く、
イーサリアムからビットコインSVへの移行をして開発されてることです。
アイテム売買はEnjin(ENJ)他で保持という部分がビットコインSVに
変われば言うことないのですが、ENJコインの開発者がやってるようなので
バトル情報は「Bitcoin SV(BSV)」のブロックチェーン上に記録という
方向性で、とりあえず近日公開のこのゲームがBSVチェーンで動き出せば
アクセス増えるので結構インパクトあると思われます。結局ここが
BSVチェーン選んだのはBSVでしかスケーラブル条件を満たせないからですね。
ここが動き始めれば他の大手の参入もありえます。一番最初の例ができますからね。
https://medium.com/cryptofights/esports-is-now-ready-to-be-disrupted-d582f04f3b27

Bitcoin SVに関して質問あれば
https://peing.net/ja/c4a9809d99101d

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする